世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

<< 全国の使用者お客様アンケート調査 | main | 実証 自然科学 なぜ改善するの・・・・? >>
テストでも効果の認められてない防ダニ布団について

みなさん、こんばんは。
本日は、二回目のアップです。




『なぜ、こんなに症状が改善するのですか?』

というご質問がおおいのですが、
既に、ブログに書いて来ましたように、
本日は、とても重要な点なので、もう少し踏み込んで書きます。


前記しましたように、
ダニだけを指標に考えた“単なる防ダニ布団”では、
全く意味がありません。
効果のある場合は、データを示すべきです。

布団中の中わたのダニは当然、ダニアレルゲンの完全除去が無い限り、症状の
改善は、望めないのです。

特許製品・新技術の
ダニアレルゲン除去ふとんは、
実際にアレルゲン除去ふとんトータルで、2〜48ヶ月(平均15ヶ月)で、
使用後に、全国の使用者の方々の中から無作為に選び、
行政機関で検査された布団中のアレルゲンが、WHO(世界保健機関)基準以下
(検出限界以下)
であったという多くの基礎データがあるのは、
新技術・新名称『☆アレルギークリア☆』だけであり、厚生労働省(旧厚生省)
研究事業で共同研究の上で、医学界や行政機関より
みとめられているという事実があります。


防ダニ布団とうたって、
※カタログなどで、6年〜10年使用してもアレルゲンはゼロと表示されている
防ダニ布団は、事実に異なり、全くありえない事なのです。



ダニアレルゲン除去寝具の発明者としては、症状改善を望む方々が、”だまされている”としか思えず、
とても残念に思っております。


ダニ・アレルゲン除去寝具 発明者 清水静 



| 特殊防ダニ布団発明者 | 発明者からのお知らせ | 19:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
質問です。
布団にダニがいてもアレルギークリアのカバーなら、外に出さないので、改善はするのではないですか?
| nobunobu | 2009/07/02 11:00 PM |









http://allergy-clear.jugem.jp/trackback/23
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE