世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

厚生省アレルギー総合研究事業から『花粉症は防げる!!』


厚生省アレルギー総合研究から

『花粉症は防げる!!』



毎年、2月ごろから、多くの人が悩まされ、

嫌~な花粉症。

旧厚生省研究事業の成果によるデータ

(記者発表4回に及ぶ)からすれば、

実は、日頃の住環境(抗原)アレルゲンが

大きく影響を及ぼしていて、

その基準値を超えたとき、花粉症の影響により

症状が出現する。

つまり、日常の住環境(抗原)アレルゲン、主に

ダニアレルゲンが70%影響していて、

アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎と同様の

対策を行っていれば、花粉のシーズンに、

花粉症の出現を予防、もしくは、軽度の症状で

済むと考えられると、報告されています。


(注) ダニ対策・ハウスダスト対策・防ダニ対策
  
   などでは、極めて不十分で、
  
   ダニアレルギー対策とは言えません。


生きたダニ(生ダニとも言う)と死んだダニ

(フン・死がい・脱皮ガラ・粉末)が、除去できない

限り、《ダニとダニアレルゲン》なんら、有効性が

なく、「防ダニ布団」・「防ダニ加工」の表現・表記

は、虚偽に当たると言えます。





| 特殊防ダニ布団発明者 | 研究結果の記者発表 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
厚生労働省(旧厚生省)アレルギー総合研究事業(参画)から

  厚生労働省(旧厚生省)アレルギー総合研究事業(参画)から


総括班長・宮本昭正先生 = 総括  = として、

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

防ダニふとんなど種々の防ダニ製品があるが、
生きたダニだけではなく、死ガイの粉末・あるいは、糞などが
大きな要因になっており、
ダニの粉末などもふとんの中から出てこない製品が開発されれば、
非常に好ましい。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

厚生労働省(旧厚生省)の平成4年〜平成8年に行われた
長期慢性疾患総合研究事業・アレルギー総合研究(参画)報告書は、アレルギー症状を引き起こす最大の原因物質アレルゲン(抗原)は、ダニの糞や死ガイや脱皮ガラ、その粉末であることが明らかになっている。
そして、WHO(世界保健機関)によるとダニ感作喘息児やアトピー性皮膚
炎患者は、ヒョウヒダニアレルゲンの量が2マイクログラム以下で発症を
抑えることができると発表している。
しかしながら、市場においてダニが原因のアレルギーに効果があるように
宣伝され販売されている防ダニ布団で、WHO(世界保健機関)の基準以下
に抑えられる商品は確認できない。
当社のアレルギークリア寝具は、(防ダニ)布団の中からダニアレルゲンを
特殊高熱処理により完全に除去し、特許工法により外からダニアレルゲン
が入らないメカニズムになっているため、ダニアレルゲン量の検出調査結
果が、2マイクログラム以下であることが確認され、優れた防ダニ・アレル
ゲン除去効果があると多くの医療関係者や行政より推奨を頂いている。


※参考 
 1995年12月
 国民生活センターによるテストで、各社(寝具)の防ダニ効果のある布団
 は、認出来ないととなっています。

ご注意下さい

ダニ・アレルゲン除去寝具発明者 清水静
山清環境アレルギー研究所

| 特殊防ダニ布団発明者 | 研究結果の記者発表 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第1回アレルギー対策問題報告会
    第1回アレルギー対策問題報告会 宮本昭正先生


   研究結果と解説 総括班長宮本昭正先生

      ↑
この研究発表は、
山清・環境アレルギー研究所が主催で、記者発表を行ったものです。

この表は、前記もしましたが、厚生労働省(旧厚生省)長期慢性疾患
総合研究事業アレルギー総合研究事業(参画)報告書です。

多くの研究者や、専門の先生方が関って出された、重要な報告資料で
あることが、ご理解いただけることと存じます。


共同研究者『☆アレルギークリア☆』
ダニアレルゲン除去寝具
発明者 清水 静


アレルギークリア(特殊防ダニ布団)は
東京都中小企業振興公社推奨事業です。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/hyoka/kigyo.html

ダニ・アレルゲン除去寝具  特許です!
山清環境アレルギー研究所
◎詳しくお知りになりたい方は、相談室までご連絡下さい
0120-879-007
| 特殊防ダニ布団発明者 | 研究結果の記者発表 | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE