世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究


『NHK「あさイチ」に提起』の関連について

 
下記内容(資料1・資料2)は、

  研究事業初期(平成4年ごろ)の

  内容によるものです。


先般(9月5日放送NHKあさイチ「治せ!アトピー性皮膚炎」)の放送において、
使用された(パネル)内容は、ほぼ同様の内容でした。
つまり、その後の厚生省によるアレルギー総合研究(委託)事業(研究費:24億5,000万円)の
データ(成果)が、報道に反映されていないことを提起いたします。
また、地方自治体にも、同厚生省研究事業の具体策(正確な情報)が、反映がされていないため、
ダニアレルギー患者やそのご家族が混乱を招いています。
検証の必要があると考えます。


アレルギー総合研究事業

アレルギー総合研究事業1

アレルギー総合研究事業2


※ (資料1)

参考資料1

※ (資料2)

参考資料2


平成4年〜平成8年に行われた、
厚生省長期慢性疾患総合研究事業
アレルギー総合研究について


今後の課題

1.環境抗原(ダニ、NOxなど)を減少させた家屋で
  の住居によりアレルギーの発症ならびに症状の
  制御が可能であるかどうか判断する新規プロジ
  ェクトを実行することです。

2.ダニの生育を自動的に阻止しうる住まい方、また
  は住構造の検討です。

3.現在のダニ関連の多くの製品における効果の有
  無の客観的検定法の確立です。  (二重盲検法による)


主に3.について、弊社技術開発製品が、検体として、
使用することの要請を受け、同研究事業に必要とされた
全検体の提供をいたしました。


合わせて、国内各関連学会200回以上、スウェーデンストックホルム、
メキシコなどで、展示及び、文献発表など全てで、
無償協力いたしましたことをご理解ください。

そして、末尾ですが、この厚生省アレルギー総合研究事業に
携われた、多くの関わる行政機関・医師研究者の方々に
あらゆる角度から、調査研究がなされ、大変であったことを
察し、僭越ながら、この場において、深い感謝の意を申し上げます。



厚生省

当時、厚生省生活衛生局 環境整備課
のちに、
厚生省健康医療局疾病対策課(上記参考)
現在、厚生労働省健康局疾病対策課

平成5年厚生省長期慢性疾患総合研究事業報告書

平成8年厚生省長期慢性疾患総合研究事業報告書

公害健康被害補償予防協会

旧公害健康被害補償予防協会
のちに、現独立行政法人環境再生保健機構

公害健康被害補償予防協会委託事業報告書

参考資料1

参考資料2

参考資料3

参考資料4


参考資料5

参考資料6

参考資料7


参考資料8
参考資料9
 「ダニアレルゲンカット」(山清) = 新名称『☆アレルギークリア☆』山清環境アレルギー研究所

本記載は、厚生労働省健康局疾病対策課・医薬食品局審査管理課の承認の下、記載しております。



消費生活協会要請

消費者生活協会(当時)において、防ダニ布団の開発・目的・特徴等について、ご要請を受け、
「商品情報セミナー」講義を行った。

【講義内容】

 .瀬縫▲譽襯ーによるアトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎など、対策のための、技術製品として、開発を行った。
◆〔物療法(ステロイド治療等)に代わるものとして、アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎などの改善に寄与出来るか。
 殺虫剤などを一切使用せず、メカニズムによる、防ダニ技術の製品を完成させた。

【概略】
イ: 生きたダニではなく、その死がい・フン・脱皮ガラ・粉末が主な原因であること。
ロ: 動物性繊維(羽毛・羊毛・絹など)の製品は避けること。
ハ: 化学繊維(ポリエステル・ナイロンなど)の製品は避けること。
ニ: 使用生地は、綿100%を使用(特に、肌に直接つくところは、綿100%が重要)
ホ: 使用生地には、針穴が1つも無いこと。縫製部分から、ダニも幼虫も通らないこと。
   ※ 一匹のダニが布団の中に入ると半年で3万匹以上に繁殖すると明らかにされている。
ヘ: 布団たたきは、かえって危険である。
   ※生きたダニ(生ダニとも言う)は、叩いても、洗ってもほとんど減らない。(NHK報道より)
ト: ダニは殺さずに掃除機などで吸い取ること。




国立予防衛生研究所
   
    現:国立感染症研究所



国立


1、目的
2、材料と方法



3、結果および考察 (省略)

4、文献
4.文献




○Old Futon     一般の古い布団
●New Futon       発明の防ダニ布団
<旧名称ダニアレルゲンカット>
                 
新技術開発 新名称:『☆アレルギークリアR☆』布団






■Old Futon     一般の古い布団
□New Futon       発明の防ダニ布団
<旧名称ダニアレルゲンカット>
                 
新技術開発 新名称:『☆アレルギークリアR☆』布団




■Old Futon     一般の古い布団
□New Futon       発明の防ダニ布団<旧名称ダニアレルゲンカット>
                 
新技術開発 新名称:『☆アレルギークリアR☆』布団

当社発明の新しい布団(防ダニ布団)の中のダニアレルゲン(Del1)量は、
全て、2μg/g dust以下、検出限界以下であったことが、ご報告されています。

・・・さらに、家庭内でのダニアレルゲン発生源として布団が重要であり、
再確認できたことが報告されています。    (一部、省略しています)

※ ご報告で見るように、発明の「防ダニ布団」の中綿には、ダニアレルゲン量が無く、
空中アレルゲン(抗原)暴露量が全例で減少となっています。
(お部屋も汚さない・・・だから改善する)



厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業 アレルギー総合研究の一貫で、
環境庁にデータ(報告書)が送られている。 

このデータは、本発明の技術製品においてのデータであり、
他の「防ダニ布団」などと称している類似品に該当するものではありません。

 
※ 厚生省アレルギー総合研究事業の一貫から。

本文は、厚生労働省担当部局の文書による確認の下、記載しております。




旧公害健康被害補償予防協会 独立行政法人現環境再生保健機構
ぜん息キャンプ運営マニュアル 指導者用  5頁抜粋
ぜん息キャンプマニュアル

ここで大切なことは、ご相談者のご質問の中で、何が原因か
分からないなど・・・です。


毎日の生活環境の中で、身の回りは、みなアレルゲンでいっぱいです。
その中でも、何が最も高い数値を示すか、を知ることが何より重要です。
研究事業では、図4のように、最も重要な原因物質となる、いわば、
順位を明らかにしています。
まず、医師の診断で(パッチテストなど)最も発症原因となる(原因物質)を
調べてもらうことをお勧めします。

 各報告書は、技術開発・研究協力者に送付されたもの。
※ 報告書に伴う関連研究データ、膨大な資料に基づき、
  その成果がホームページ上に記載されています。
 
  最先端情報

ダニアレルギーによる
アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎などの環境対策による
アレルギー症状の改善効果が、

下記確認書によって、厚生労働省担当部局により確認されたところです。
確認書については、平成23年3月31日付けにおいて、
公表することの確認と、同時に、薬事法上の表現・表記について、
違反性がないことの確認もされた。






厚生省長期慢性疾患総合研究事業

アレルギー総合研究によるその成果です。


※ 本研究事業におけるデータ(成果)は、当該HP記載の内容の通りです。

※ 厚生労働省担当部局によるご指導(協議)確認の下、記載しております。
                               

                                 平成23年3月31日現在





        



                              確認書記載 平成23年4月26日


小児気管支喘息の発症と環境中のヒョウヒダニアレルゲン量

大阪医科大学小児科  佐々木 聖
国立相模原病院臨床研究部  安枝 浩

 
表.気管支喘息のリスクファクターとして見た場合の各群の寝具中のDer1量(μg/g dust)
10μg/g以上 2−10μg/g 2μg/g以下
気管支喘息群,n=15
喘息様気管支炎群,n=6
未発症群,n=17 15


(表は、厚生労働省担当部局の確認と指導の下、記載しております。)       

( 概 略 ) 

  • 2μg/g以下(WHO設定基準)  ・・・・・・・  安全で発症防止の範囲
  • 10μg/g〜20μg/g以上 ・・・・・・・・・・・・  危険範囲で発症や入院頻度が高くなる



◆ 当該発明製品『☆アレルギークリア®☆』は、

     使用検体(布団の中綿)のすべてで
 

     0.05〜0.1μg/g以下
であった(マイクログラムパーグラム)

☆発明の(防ダニ)☆ふとんのダニアレルゲン量は、測定したほとんどが検出限界未満で、
平均値でも、百万分の0.12グラムと極めて低い値でした。
この数値は、WHO(世界保健機関)が、ダニに感作される閾値として提唱する基準値を大きく下回ります。
しかし、一般の寝具を併用するとその寝具から発生するダニ抗原により、布団表面が汚染されるため、一般寝具を併用しないことが重要です。
一般寝具との併用でアレルギークリアの表面が汚染されても、中綿は汚染されることはありません。
長期使用後も検出限界を下回る値であり、全く汚染されないことが確認されています。



実 証 自 然 科 学 ー――― 二重盲検法による科学的治験

このデータは、特許技術と複数のノウハウによってのみ構成されています。
又、データは、この技術製品にのみ限られております。


________________________________

◆本研究事業の全容は、当時の厚生省生活衛生局環境整備課へ、
 (現厚生労働省健康局疾病対策課)内容全てを、報告されていることが確認されています。


尚、厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究は、
平成4年〜平成8年に行われ、

(厚生労働省大臣官房厚生科学課資料による)
24億5000万円が投じられたとされる、重要なデータ・成果です。

現在も研究費が投じられ、研究が行われておりますが、
同平成4年〜平成8年に行われた、調査研究データを超える
対策は、今のところ他にはない、
したがって、今はこの対策しかないことが、厚生労働省及び、
関連研究者により、確認されております。
(平成22年6月29日現在調べ)


しかしながら、

現在も尚、資料1・資料2の研究事業が行われる初期の内容のままで、
現在においても、平成4年から8年に行われた調査・研究事業の内容が不十分で、目的とされた
ダニアレルギー対策の正確な内容・成果が、地方自治体へも公表されていないことを
指摘せざるを得ません。
関わる行政機関の正確な情報・適切な啓発が行われることを要望します。


________________________________

ssマーク
 山清環境アレルギー研究所 


関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
臨床データの一部ご紹介

 

| 特殊防ダニ布団発明者 | ●厚生省研究事業連携の経緯 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
防ダニ布団の発明のきっかけ

殺虫剤を一切使用しないメカニズムで、
1988年より、NHK報道番組「これがダニ対策だ!」が
きっかけとなり、特許製法による防ダニ布団の開発を行いました。

その後、更に、技術の高度化を図り、
現在の特許・防ダニ布団『☆アレルギークリア☆』は、
重要な役割を果たしています。

アレルギークリア

発明者は、自分自身が、薬害で5年以上も苦しみ、
薬物の必要性、そして逆には、薬物による後遺症(副作用)の、
いわば、怖さ・恐ろしさも、実際に経験した者として、よく分かっています。

又、家族が重大な医療ミスによって苦しんだことも、
(当時問題になりました)
大きな意味のきっかけとして、殺虫剤を一切使用しない
メカニズムによる開発を行いました。


| 特殊防ダニ布団発明者 | ●厚生省研究事業連携の経緯 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『☆アレルギークリア(R)☆』ふとん、マットレスの製品化まで


『☆アレルギークリア(R)☆』
       ふとん、マットレス
        の製品化までの製造・工程

原料・徹底チェック(管理)
  
              ↓

ヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニの汚染(管理)

              ↓

中わた素材厳選

              ↓

側生地100%素材厳選

              ↓

縫製(織目間隔)厳格化

              ↓

特殊高織密度織物の限定

              ↓

ダニ通過試験

              ↓

通気度限定
 

              ↓

特殊高熱処理

              ↓

最終仕上げ検針チェック等



●上記工程
   +
●研究データ 
   +
新特許技術の構成による集大成の
製品と結論付けられた。


ダニアレルギー予防・治療・改善 改善率90%以上。
極めて重要なのは・・・


ダニアレルギーにならない

予防が可能に、

多くのデータが報告された。



全てが特許のノウハウとして、
数値によって厳しく管理されます。

※ダニアレルギー対策の決定版!

ご意見のある方は、ダニ・アレルゲン除去寝具発明者:清水静
まで、ご連絡ください。
(03―3577―0007)

症状改善は、厚生労働省が認め推奨しております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  

ssマーク 山清環境アレルギー研究所 


関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
臨床データの一部ご紹介

山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室




| 特殊防ダニ布団発明者 | ●厚生省研究事業連携の経緯 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新技術《特許》『☆アレルギークリア☆』布団が認められた経緯
 前記ブログの内容について、専門家の方より、
お尋ねがありましたので、経緯を大筋でご紹介
致します。


1988年(昭和63年)NHKサイエンスQ番組
(これがダニ対策だ)が報道され、これがきっかけ
となり、日本で初めて(防ダニ)ふとんを開発(発明)
しました。
《特許出願・当時》 平成元年11月
まさかの医学界から大阪での第26回日本小児
アレルギー学会に開発製品(防ダニ布団)の展示
の要請を頂き、(現在まで、国内の各種関連学会
200回以上・スウェーデン・ストックフォルムでの発表)
展示やデータの発表を繰り返し、行って参りました。


継続的研究の時を経て、平成4年〜平成8年に行われた
厚生省(当時)の(参画)長期慢性疾患総合研究事業、アレルギー
総合研究事業。つまり、厚生労働省(旧厚生省)の
同研究事業の中で、私が開発した(発明の)製品を
研究事業のサンプルとして、提供してほしい旨の、
ご要請があったので、相当のセット数を提供致しました。


尚、研究班の教授より、研究班の窓口を通して、『布団
に使用する綿は生ダニが棲息しないことは、もちろん
ホコリに汚染された綿あるいは、打ち直し綿には、
多量のヒョウヒダニ抗原が存在するので、絶対に使用
しないように、との御助言がありましたので、お伝えします。
また、教授から本調査の結果の良し悪しにかかわらず、
データは、公表することを事前に了解してほしい』との伝言
でした。

当時の文書そのまま記載・・・・厳しいそのものでした。


しかし、この厚生省の研究事業で、開発製品の供給
要請を頂き、私(発明者)としての、開発した製品の
データが公共のために役立つのあれば良しと考え、決断し、
協力させて頂くことが出来ました。

そして、5年以上に及ぶ同研究事業の結果(最良のデータ)
が得られ、関られた総勢の医師や研究者の協力の下、
第1回〜第4回に及ぶ、アレルギー対策問題(マスコミ見解)
報告会(各研究班に分かれての)を行い、合わせて、国立感染
症研究所(旧国立予防衛生研究所)からの要請による、講演も
致しました。

又、厚生省の後援による、各県(第16回愛知県・
第17回鳥取県・第18回岡山県・第19回山梨県・
第20回大阪府)で行われた、全国地域保健婦学術研究会
より要請を頂き、展示・発表を行いました。

その後、NHKニュースや多くのマスコミでも採り上げられ
ました。その膨大な資料やデータは、WHO(世界保健機関)
や、厚生労働省の基準、すなわち、ダニ・アレルギー
対策の基準を満たした製品として、前記してきました通りに
広告表現の上で、薬事法上の表現・表記が認められ
ました。
これまで、研究事業に関られた多くの医師や研究者の
皆さんにこの場に於いて、改めて厚い感謝を申し
上げます。

“1988年、WHO(世界保健機関)に設定された”
アレルゲンの数値目標は、2〜10μgDerPl/g dust
(WHO、1988)に設定する。となっています。
ハウスダスト中のダニアレルゲン量が2μg/g dust
以下であれば、10年後でも感作されず、1歳でのダニ
アレルゲン曝露量が、増加するほど、10年後の喘息
罹患数及び、重症度が高くなる。

結果、弊社新技術製品『☆アレルギークリア☆』ふとんは、
同基準以下を長期(8年〜10年)を維持していて、
検出限界以下となっています。


そして、開発者のダニアレルギー対策の研究は、
今も尚、更に新しい特許技術によって、
ダニアレルギー(アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎)
などに苦しむ多くの方々のために、研究を進めております。

末尾ですが、もしご要望等がある方は、
ダニ・アレルゲン除去寝具 開発(発明者)
清水静までお電話で、ご連絡ください。


| 特殊防ダニ布団発明者 | ●厚生省研究事業連携の経緯 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE