世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

文献

 

当該技術製品『☆アレルギークリア®☆』ふとん (旧名称:ダニアレルゲンカット) のデータを示しています。

 

1. 加藤裕子,青木誠,宋昌,小野俊朗,太田伸生,石井明:小児気管支喘息患者が使用する布団のヒョウヒダニ抗原汚染と使用管理について,アレルギー40:1061,1991.

幸寺恒敏:小児アトピー性皮膚炎の治療におけるダニアレルゲン除去の重要性について―ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応陽性53例での防ダニ布団を用いた検討―,第30回日本小児アレルギー学会抄録集:203(発表),1993.

3. 幸寺恒敏:抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LST)を用いた小児アトピー性皮膚炎の原因抗原の検討と、防ダニ布団を用いたダニ抗原除去による治療効果について,アレルギー42:1279,1993.

幸寺恒敏:ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LST)による小児アトピー性皮膚炎(AD)の検討―ダニLST陽性・陰性例の報告―, 日本接触皮膚炎学会プログラム:25,1993.

4. Kohdera T:Lymphocyte Stimulation Test(LST)with House Dust Mite Allergens(HDM) in Children with Atopic Eczema (AE).XV International Congress of Allergology and Clinical Immunology abstr:506,1994.

5. 阪口雅弘,佐々木礼子,井上栄,橋本道子,小林千鶴,安枝浩:新しい布団による家庭内ダニアレルゲン曝露量の減少効果,アレルギー43:988,1994.

6. 幸寺恒敏:気管支喘息発症における遅延型アレルギーの関与について―ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応を用いた検討,アレルギー44:393,1995.

7.幸寺恒敏:乳幼児気管支喘息患者におけるダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応,アレルギー44:1064,1995.

8.幸寺恒敏,石丸敏博:抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LST)により診断したダニおよび歯科金属(ニッケル・水銀)アレルギーによるアトピー性皮膚炎(AD)の2例,日本小児アレルギー学会誌9:204,1995.

9.幸寺恒敏:アレルギーの予防と資料Q&A’95,アレルギーの臨床15:106,1995.

10.幸寺恒敏:歯科金属およびダニアレルギーが原因と考えられた尋常性乾癬の一寛解例,日本皮膚科学会雑誌106:732,1996.

11. 幸寺恒敏:ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LTS)とダニによる遅発方喘息―幼児遅発型喘息の一例と治療における環境調整の重要性の再発見,アレルギー45:309.1996.

12. Sakaguchi M, Inouye S,Sasaki R,Hashimoto M,Kobayashi C,Yasueda H:Measurement of airborne mite allergen exposure in individual subjects. J Allergy clin Immunol97:1040-1044,1996..

13.幸寺恒敏:医療費から見た防ダニふとん(ダニアレルゲンカット)の治療効果の検討−喘息治療によける抗原回避の重要性について−,アレルギー45:934,1996.

14.加藤裕子:アレルギーの予防と治療Q&A'96,アレルギーの臨床16:1054,1996.

15.幸寺恒敏,松井浩一:防ダニ寝具のダニ抗原量の長期的観察,アトピー性皮膚炎治療研究会第2回シンポジウム「ダニ・アレルギーとアトピー性皮膚炎」プログラム:9,1997.

16.清水静他2名:防ダニ寝具ダニアレルゲンカットについて,アトピー性皮膚炎治療研究会第2回シンポジウム「ダニ・アレルギーとアトピー性皮膚炎」プログラム:20,1997.

17.幸寺恒敏,高永和:アマルガムは安全か?アトピー性皮膚炎の多発難治化要因としての歯科金属について,アレルギー46:213,1997.

18.幸寺恒敏:医療費からみた防ダニふとん(ダニアレルゲンカット)の治療効果の検討−喘息治療における抗原回避の重要性について−,アレルギーの臨床17:535-539,1997.

19.幸寺恒敏,高永和:尋常性乾燥癬の原因抗原と原因除去療法,アレルギー47:342,1998.

20.元木貢,高増哲也:気管支喘息患者宅におけるダニアレルゲン除去効果の検討,第7回日本ダニ学会抄録:1998.

21.高増哲也,元木貢:気管支喘息児の寝室と寝具対策の臨床的効果,アレルギー47:1026,1998.

22.三田哲郎:アレルギーの予防と治療Q&A'98,アレルギーの臨床18:1073,1998.

 

 

 他、各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴にてご紹介しております。


 山清環境アレルギー研究所

関連記事


山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献


 

| 特殊防ダニ布団発明者 | 文献 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE