世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴

厚生省アレルギー総合研究(委託)事業:関連

『☆アレルギークリア®☆』特殊技術(防ダニ布団) 

(旧名称:ダニアレルゲンカット)製造総発売元 株式会社山清  

新名称:製造総発売元 山清環境アレルギー研究所 

(発明者:清水 靜) 特許第3882990号・特許第3844131号

※ 当該技術製品は、特殊縫製法及び、複数のノウハウによって、データを構成しております。

●――――――ライン部分は、当該技術製品『☆アレルギークリア®☆』ふとん(旧名称:ダニアレルゲンカット)のデータを示しています。

1989年11月17,18日(大阪 国際交流センター)
第26回日本小児アレルギー学会
 
               

第2回日本アレルギー学会春季臨床大会           
1990年4月20,21日(東京 日本青年館)

第40回日本アレルギー学会総会                
1990年11月14,15,16日(九州 長崎市公会堂)

第41回日本アレルギー学会                   
1991年10月18,19,20日(京都 国立京都国際会館)


● 加藤裕子,青木誠,宋昌,小野俊朗,太田伸生,石井明:小児気管支喘息患者が使用する布団のヒョウヒダニ抗原汚染と使用管理について,アレルギー40:1061,1991.

第28回日本小児アレルギー学会                
1991年11月22,23日(埼玉 大宮ソニックシティー)

第91回日本皮膚科学会総会・学術大会            
1992年4月10,11,12日(千葉 幕張メッセ)

第56回日本皮膚科学会東部支部総会・学術大会      
1992年9月18,19日(北海道 札幌市教育文化会館)

第5回日本アレルギー学会春季臨床大会           
1993年5月27,28日(東京 京王プラザホテル)

第30回日本小児アレルギー学会                
1993年9月17,18日(京都 国立京都国際会館)

● 幸寺恒敏:小児アトピー性皮膚炎の治療におけるダニアレルゲン除去の重要性について―ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応陽性53例での防ダニ布団を用いた検討―,第30回日本小児アレルギー学会抄録集:203,1993.)

第43回日本アレルギー学会総会                
1993年10月23,24,25日(神奈川 パシフィコ横浜)


● 幸寺恒敏:抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LST)を用いた小児アトピー性皮膚炎の原因抗原の検討と、防ダニ布団を用いたダニ抗原除去による治療効果について,アレルギー42:1279,1993.

第18回日本接触皮膚炎学会総会・学術大会         
1993年12月4,5日(大阪 国際交流センター)

● 幸寺恒敏:ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LST)による小児アトピー性皮膚炎(AD)の検討―ダニLST陽性・陰性例の報告―, 日本接触皮膚炎学会プログラム:25,1993.

日本皮膚科学会第57回東京支部学術大会          
1994年2月26,27日(東京 日本都市センター)

第6回日本アレルギー学会春季臨床大会            
1994年4月14,15,16日(熊本 ニュースカイホテル)

第93回日本皮膚科学会総会・学術大会            
1994年4月21,22,23日(福岡 ニューオータニ博多)

第10回日本臨床皮膚科学会総会                
1994年6月18,19日(北海道 北海道大学学術交流会館)


第15回国際アレルギー臨床免疫学会議                   
1994年6月26〜7月1日(ストックホルム・スウェーデン)


 XV th International Congress of Allergology and Clinical Immunolgy(Stockholm,Sweden)
Kohdera T:Lymphocyte Stimulation Test(LST)with House Dust Mite Allergens(HDM) in Children with Atopic Eczema (AE).XV International Congress of Allergology and Clinical immunology abstr:506,1994.

第58回日本皮膚科学会東部支部学術大会         
1994年9月10,11日(栃木 栃木県総合文化センター)

第31回日本小児アレルギー学会総会             
1994年9月24,25日(栃木 栃木県総合文化センター)

第44回日本アレルギー学会総会                
1994年10月26,27,28日(東京 京王プラザホテル)


● 阪口雅弘,佐々木礼子,井上栄,橋本道子,小林千鶴,安枝浩:新しい布団による家庭内ダニアレルゲン曝露量の減少効果,アレルギー43:988,1994.

第16回全国地域保健婦学術研究会              
1994年11月17,18日(愛知 厚生年金会館)

日本皮膚科学会第58回東京支部学術大会         
1995年2月18,19日(神奈川 パシフィコ横浜)

第2階国際シンポジウム                      
1995年3月9,10日(大阪サンオパレス)

第24回日本医学界総会                      
1995年4月5〜9日(名古屋 ポートメッセ名古屋)


 


第12回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会       
1995年5月19,20,21日(福岡 ももちパレス)

第94回日本皮膚科学会総会・学術大会            
1995年5月19,20,21日(神奈川 パシフィコ横浜)

第7回日本アレルギー学会春季臨床大会           
1995年5月24,25,26日(岡山 ホテルグランヴィア)


● 幸寺恒敏:気管支喘息発症における遅延型アレルギーの関与について―ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応を用いた検討,アレルギー44:393,1995.

第25回日本皮膚アレルギー学会                
1995年6月2,3日(長崎 長崎プリンスホテル)

第18回日本気管支学会                      
1995年6月8,9日(栃木 栃木県総合文化センター)

日本研究皮膚科学会第20回年次学術大会・総会      
1995年9月7,8日(岡山 東急ホテル)

第59回日本皮膚科学会東部支部学術大会          
1995年9月16,17日(岩手 岩手県民会館)

第45回日本アレルギー学会総会                
1995年10月25,26,27日(千葉 東京ベイヒルトン)


● 幸寺恒敏:乳幼児気管支喘息患者におけるダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応,アレルギー44:1064,1995.

第32回日本小児アレルギー学会                
1995年11月10,11日(兵庫 神戸国際会議場)

● 幸寺恒敏,石丸敏博:抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LST)により診断したダニおよび鹿金属(ニッケル・水銀)アレルギーによるアトピー性皮膚炎(AD)の2例,日本小児アレルギー学会誌9:204,1995.


第17回全国地域保健婦学術研究会              
1995年11月16,17日(鳥取 県立県民文化会館)

第47回日本皮膚科学会西部支部学術大会          
1995年11月25,26日(福岡 北九州国際会議場)

第20回日本接触皮膚炎学会祈念学術大会          
1995年12月2,3日(兵庫 神戸国際会議場)

日本皮膚科学会第59回東京支部学術大会          
1996年2月24,26日(東京 センチュリーハイアット)

第12回日本臨床皮膚科医学会総会              
1996年4月13,14日(広島 広島国際会議場)

第99回日本小児科学会学術集会                
1996年4月19,20,21日(熊本 国際交流会館)

第8回日本アレルギー学会春季臨床大会           
1996年4月25,26,27日(神奈川 パシフィコ横浜)


● 幸寺恒敏:ダニ抗原特異的リンパ球幼弱化反応(LTS)とダニによる遅発方喘息―幼児遅発型喘息の一例と治療における環境調整の重要性の再発見,アレルギー45:309.1996.

第13回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会       
1996年6月6,7日(岩手 教育会館)

第95回日本皮膚科学会総会・学術大会            
1996年6月13,14,15日(札幌 ホテルロイトン札幌)

● 幸寺恒敏:歯科金属およびダニアレルギーが原因と考えられた尋常性乾燥癬の一寛解例,日本皮膚科学会雑誌106:732.1996.

第26回日本皮膚アレルギー学会                
1996年7月13,14日(愛知 名古屋国際会議場)

第4回日本職業アレルギー学会総会              
1996年7月18,19日(大阪 千里ライフサイエンスセンター)

第60回日本皮膚科学会東部支部学術大会          
1996年9月21,22日(京都 京都会館)

第2階日本保育園保健学会                   
1996年9月21,22日


第46回日本アレルギー学会総会                
1996年10月30,31,11月1日(栃木 栃木県総合文化センター)


● 幸寺恒敏:医療費から見た防ダニふとん(ダニアレルゲンカット)の治療効果の検討―喘息治療における抗原回避の重要性について―,アレルギー45:934,1996.   
 

第55回日本公衆衛生学会総会                 
1996年10月31,11月1日(大阪 千里阪急ホテル)


第18回全国地域保健婦学術研究会              
1996年11月14,15日(岡山 岡山シンフォニーホール)

第29回日本小児呼吸器疾患学会               
1996年11月15,16日(栃木 栃木県総合文化センター)


第33回日本小児アレルギー学会                
1996年11月27,28,29日(福岡 福岡サンパレス)


第21回日本接触皮膚炎学会記念学術大会          
1996年12月7,8日(鹿児島 鹿児島大学稲盛会館)


アトピー性皮膚炎李朝研究会第2回シンポジウム       
1997年1月25日(東京  コクヨホール)

● 幸寺恒敏,松井紘一:防ダニ寝具のダニ抗原量の長期的観察,アトピー性皮膚炎治療研究会第2回シンポジウム「ダニ・アレルギーとアトピー性皮膚炎」プログラム:9.1997.

● 清水静他2名:防ダニ寝具ダニアレルゲンカットについて,アトピー性皮膚炎治療研究会第2回シンポジウム「ダニ・アレルギーとアトピー性皮膚炎」プログラム:20,1997.


日本皮膚科学会第60回東京支部学術大会         
1997年1月25日(東京 きゅりあん)


第96回日本皮膚科学会総会・学術大会           
1997年4月11,12,13日(岡山 ホテルグランヴィラ)


第100回日本小児学会学術集会                
1997年4月18,19,20日(東京 東京国際フォーラム)


第9回日本アレルギー学会春季臨床大会           
1997年5月1,2,3日(千葉 幕張メッセ)


● 幸寺恒敏,高永和:アマルガムは安全か?アトピー性皮膚炎の多発難治化要因としての歯科金属について,アレルギー46:213,1997.

第14回日本小児難治喘息。アレルギー疾患学会     
1997年5月8,9日(東京 東京国際フォーラム)

第27回日本皮膚アレルギー学会               
1997年5月10,11日(東京 東京国際フォーラム)

第13回日本臨床皮膚科医学会                
1997年5月24,25日(兵庫 神戸国際会議場)

第14回日本小児皮膚科学会                  
1997年5月31,6月1日(東京 笹川記念会館)

第8回日本小児科医会生涯セミナー              
1997年6月14,15日(岩手 ホテルメトロポリタン盛岡)

第5回喘息デー                          
1997年9月5,6,7日(東京 霞ヶ関ビル)

第6回日本睡眠環境学会                    
1997年9月26,27日(栃木 足利市民プラザ)

● 清水静,松井浩一,幸寺恒敏,他2名:家庭内で長期使用された防ダニ寝具「ダニアレルゲンカット」の中綿のダニ抗原量と気管支喘息,アトピー性
皮膚炎での有用性,大会報告集:73-76,1997.

第61回日本皮膚科学会東部支部学術大会         
1997年10月4,5日(長野 長野県松本文化会館)

第47回日本アレルギー学会総会                
1997年10月6,7,8日(東京 東京国際フォーラム)

第56回日本公衆衛生学会総会                 
1997年10月16,17,18日(神奈川 パシフィコ横浜)


第16回国際アレルギー臨床免疫学会議           
1997年10月20〜24日(カンクン メキシコ

XV th International Congress of Allergology and Clinical Immunolgy(Cancun mexico)
T.Kohdera,N.Koh,R.Koh:Antigen Specific Lymphocyte stimulation test(LST)on patiente with vulgaris. XVI th International Congress of Allergology and Clinical immunology abstr:166,1997.

第48回日本皮膚科学会中部支部総会            
1997年10月25,26日(石川 金沢文化ホール)

第34回日本小児アレルギー学会                
1997年11月2,3日(東京 東京ビックサイト)


第19回全国地域保健婦学術研究会              
1997年11月6,7日(山梨 山梨県民文化ホール)

第22回日本接触皮膚炎学会                  
1997年11月29,30日(神奈川 ランドマークホテル)

日本皮膚科学会第61回東京支部学術大会          
1998年2月20,21日(神奈川 パシフィコ横浜)

第14回日本臨床皮膚科医学会総会・臨床学術大会     
1998年4月11,12日(徳島 郷土文化会館)

第10回日本アレルギー学会春季臨床大会          
1998年4月23,24,25日(愛知 名古屋国際会議場)


● 幸寺恒敏,高永和:尋常性乾燥癬の原因抗原と原因除去療法,アレルギー47:342,1998.

アレルギー予防推進フェア                    
1998年4月25,26日(愛知 ナディアパーク)

第101回日本小児科学会学術集会               
1998年5月15,16,17日(鳥取 米子コンベンションセンター)

第15回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会       
1998年5月28,29日(神奈川 産業貿易センター)

第97回日本皮膚科学会総会                   
1998年5月28,29,30日(大阪 リーガロイヤルホテル)

● 幸寺恒敏,高永和:尋常性乾燥癬に対する抗原特異的療法,日本皮膚科学会雑誌,108:599,1998.

第3回日本看護サミット神奈川’98               
1998年6月9,10日(神奈川 神奈川県民ホール)

第22回日本小児皮膚科学会学術大会             
1998年6月27,28日(東京 笹川記念会館)

第28回日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会       
1998年7月11,12日(広島 広島国際会議場)

第6回喘息デー                           
1998年9月5,6,7日(大阪 薬業年金会館)


日本衛生動物学会東日本支部第35回定例会        
1999年7月2日(国立感染症研究所)
第20回地域保健婦学術研究会       
          

1998年11月(大阪 大阪厚生年金会館)

● 特殊高密度織物を使用の防ダニ技術 
山清環境アレルギー研究所 発表:ダニ・アレルゲン除去寝具発明者・清水静  
オーガナイザー: 高井憲治(聖マリアンナ医科大学免疫学病害動物学教室)

以下省略します。




本研究事業は、ほぼ尽くされ、全容(成果)について、このブログ上にて記載しております。




(注) この記載について、重要部分は、厚生労働省担当部局他のご指導と確認の下、記載しております。

よって、当該技術製品『☆アレルギークリア®☆』ふとん(寝具)に限り、ホームページ上の記載には、薬事法・及び景品表示法の違反性が無いことが、確認されています。

同時に、医療機関をはじめとして、文書による「防ダニ布団」の効果について、患者(消費者)が判断ができないため、改善を示す公的データを有すものと、効果のない類似品を規制する必要があると多くの要請があります。

※ 無断で、本文の引用・悪用された場合、関わる行政機関への通報をいたしますので、十分ご注意ください。

詳しくは、防ダニ布団発明者まで  

謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について

CiNii 





ssマーク 山清環境アレルギー研究所


関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献



| 特殊防ダニ布団発明者 | 各種アレルギー関連学会発表等・展示経歴 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE