世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

ダニアレルギー患者に対する寝具の重要性をご存知無い医療機関や医師

厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業 アレルギー総合研究の成果(データ)による
寝具の(アレルゲンの除去:布団の中の抗原除去)重要性をご存知無い、
関わる医療機関や、医師などに対する、ダニアレルギー患者の指摘が多く、
再確認する必要があると考えます。


2μg/g dust以下(WHO設定基準) ・・・・・・ 安全で発症防止の範囲
の指導が不十分で、

20年前の指導に当たる、「布団に掃除機掛けをしなさい」等の情報や、
※「布団は関係ない」などの極めて不適切な指導をされているとの医師に対する指摘情報が、
当相談室へ多く寄せられます。


※「布団は関係ない」と指導された医師の場合、正に公的データや根拠も無く、厚生労働省『確認書』も
無い、偽「防ダニ」商品が多く出回っているため、このような指導になってしまうようです。




ssマーク 山清環境アレルギー研究所


関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献
 
| 特殊防ダニ布団発明者 | 正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
 

寝具中のダニ・アレルゲン除去対策(データによる具体策)の基準値



≪ダニアレルギーによる≫ アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎・花粉症の主な原因として、
生きたダニ(生ダニと言う)ではなく、寝具中のダニのフン・死ガイ・脱皮ガラ・その粉末が
最大の原因であることが、厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究で
明らかにされています。

「防ダニふとん」(発明者:)研究事業協力者は、同研究事業報告書内容のみならず
健康住宅研究会会員、そして住宅班として

―アレルギーと住環境― アレルギーにならないためとアレルギーを軽くするための住まい方マニュアル 1995年3月

これら研究事業の膨大なデータ、資料をもって、事実記載をしております。



恐れることなく、申し上げますが、残念ながら、関わる行政の関係者・医療現場マスコミなど多くにおいて、
未だに原因がはっきりしない・・・など、誤ったその指導や報道がなされています。
その現状は、ダニレルギーによる患者やそのご家族「消費者」が、迷い、苦しんでおられる事実であります。




その一方で、『防ダニ布団』の使用効果の重要性を理解しつつも、効果のない『防ダニ布団』などの
氾濫によって、医療現場においては、必要とする効果のある『防ダニ布団』の判断が付かず、
ダニアレルギー患者への対応が、出来ないため、

公的機関による規制を望まれる訴えが、全国における多くの医療機関から、
当該全国環境アレルギー相談室(発明者)宛てには、文書による要請が多く寄せられております。

当該全国環境アレルギー相談室では、全国から聞かれる患者やそのご家族の声として、
医療現場にあっても、特に寝具中のダニアレルゲン・空気中の浮遊(抗原)ハウスダストなどの
重要性についてのご指導の是非について、以下図2「空気中に浮遊するダニ抗原量」参照ください。


※ アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎・花粉症などの発症の最も重要アレルゲンとして、
チリダニ科の、コナヒョウヒダニ(Dp)・ヤケヒョウヒダニ(Df)のフン・死ガイ・脱皮ガラ・粉末であることが判明しています。



小児気管支喘息の発症と環境中のヒョウヒダニアレルゲン量

大阪医科大学小児科  佐々木 聖
国立相模原病院臨床研究部  安枝 浩

表.気管支喘息のリスクファクターとして見た場合の各群の寝具中のDer1量(μg/g dust)
10μg/g以上 2−10μg/g 2μg/g以下
気管支喘息群,n=15
喘息様気管支炎群,n=6
未発症群,n=17 15

(表は、厚生労働省担当部局の確認と指導の下、記載しております。)

 
    





( 概 略 )
  • 2μg/g以下(WHO設定基準)  ・・・・・・ 安全で発症防止の範囲
  • 10μg/g〜20μg/g以上 ・・・・・・・・  危険範囲で発症や入院頻度が高くなる

◆ 当該発明製品『☆アレルギークリア®☆』(防ダニ布団)は、使用検体のすべてで 0.05〜0.1μg/g以下 であった



◆患者や家族のみならず、皆がなり得る国民の一人一人であることを忘れないで欲しい◆

ここにおける、厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業 アレルギー総合(調査)研究における、
目的は、原因抗原の除去療法、予防・改善を目標として行われたものです。


 

―― 厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業 アレルギー総合研究報告書から ―― 




そして、報告書では、※とにかくアレルギー性疾患の発症率は、増加している。
のみならず、重症例も決して少なくない。このままで、推移すれは、アレルギー疾患は、
次の世紀で、大きな問題を醸し出す疾患になると危惧されている。
したがって、アレルギーの制御は、各方面からの強い要望でもある。

本研究班の研究が大きな契機となって、研究が更に発展し、食物アレルギー、
アレルギーの制御につながることを祈念している。
また、この研究の成果が、ダニアレルギーで苦しむ多くの患者にとって、役立ち、
又、アレルギーの研究推進の一助になり、得ればと念じている。
と結んでおられます。


               平成9年3月 同研究事業総括班長・宮本昭正先生




ssマーク 山清環境アレルギー研究所


関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献


 

| 特殊防ダニ布団発明者 | 正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE