世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
 

1988年 NHK報道
「サイエンスQこれがダニ対策だ」 
(主に布団中のダニ数やアトピー性皮膚炎・喘息の関係)

1990年〜1996年 厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合調査研究が行われ、(関わった医師や研究者ら117名余)
「防ダニふとん」発明者は、協力要請に同意。

数社の二重盲検法による、当該新技術でのみ構成可

厚生省 (現・厚生労働省健康局疾病対策課) 生活衛生局 環境整備課

環境庁 (現・環境省) (委託研究事業)→ 特殊法人公害健康被害補償予防協会(現・独立行政法人環境再生保全機構)

財団法人日本環境衛生センター

兵庫県西宮市環境衛生局のデータ 市内・市外の徹底ダニ数の調査(1988年NHKダニ対策報道の基)

大阪府立公衆衛生研究所(通過試験)0.05mm(50ミクロン) (複数種類のため、単なる高密度織物では不可)

東京都立産業技術研究所
(旧東京都立繊維工業試巌場)(通気性試験) 【INNOVATION】技術革新の範囲

東京都衛生局医療福祉部環境公害保健課 (現・東京都福祉保健局健康安全部環境保健課)

名古屋市衛生局・ 名古屋市保健所
特にダニアレルゲンのチリダニ科ヤケヒョウヒダニ・コナヒョウヒダニのアレルゲン(ダニ抗原)が最も重要と究明された。
全国、無作為による製品使用患者の検体収集等調査を行った。  (N10+751+376)

愛知県藤田保健衛生大学 呼吸器・アレルギー内科

三重大学医学部・名古屋私立大学医学部

岡山大学医学部 寄生虫学教室 病床における、臨床データ:実証実験が行われた。 
    

国内各種アレルギー関連学会(200回以上) 展示・及び学会(データ)報告を行った。
        ↓

全国地域保健婦学術研究会(現・全国地域保健師学術研究会)

国立感染症研究所  討論 特殊高密度織物を使用の防ダニ技術 オーガナイザー:(聖マリアンナ医科大学免疫学病害動物学教室)
Journal of Allergy Clinical Lmmunology
(アメリカのアレルギー専門誌)
第15回国際アレルギー臨床免疫学会議・出席・学会発表:薬物を一切使用しない条件で、改善率90%以上





上記、調査・研究においての集大成であり、系統的データとして、必要不可欠です。
スウェーデン・ストックホルムでの発表の他、上記、公的機関や大学病院・医院の多くの先生方のご指導を賜りました。
NHKニュースをはじめ、多くのマスメディアでも採り上げられて参りました。
ここに、深い感謝の意を表します。
そして、この重要な多くのデータが、ダニアレルギー患者やそのご家族などのお役に立てることを願い、
微力ながら、
ダニアレルギーによる、アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎などで、
苦しむ多くの人々のために、強い使命感を持って、普及に努力いたして参ります。





HP掲載情報に対し、薬事法上において、               
広告の違反性がないかの判断を実施した。

平成22年8月3日 確認:厚生労働省

    



平成23年4月26日 厚生労働省による確認書
(クリックすると大きくなります)
    






アトピー性皮膚炎及び、気管支喘息などダニ抗原の関与するアレルギー疾患の治療のため
には、原因抗原の厳格な除去、とりわけ、寝具からのダニ抗原の被爆に対し、
その厳格な回避策の指導と実行が不可欠になっております。  
寝具のダニ抗原除去に際しては、清掃・寝具の乾燥などの通常の対策では、
ダニ抗原の有効な除去の目的を達成し、かつ維持することは困難です。
従って、疾患の治療のため、就寝時は、「ダニ抗原除去寝具」(治療効果に関する
厚生労働省の確認済)の活用が不可欠です。(専門医の談)

発明の特殊(防ダニ)技術製品のダニアレルゲン量は、測定したほとんどが検出限界未満で、
平均値でも百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
この値は、1988年WHO(世界保健機関)に設定のダニに感作される閾値として提唱する基準値を大きく下回ります。
確認書の通り、(2μg/g dust以下)で、予防・治療・改善に、医師が治療上、
ダニアレルギーに強く関与する患者に対し、【ダニアレルゲン除去寝具】を必要として認めた場合、
長期の改善に、大きな役割りを果たしています。






一方、公的(行政)機関の公認も、データもない「防ダニ加工」「防ダニ布団」などが、
市場(インターネット上)などに氾濫し、医療現場はもちろんのこと、
ダニアレルギーで苦しむ患者やそのご家族は、混乱し、改善の機会を失っており、
関わる行政機関の徹底した取り締まり(規制)を強く望んでおります。





ssマーク 山清環境アレルギー研究所 


関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献


 

| 特殊防ダニ布団発明者 | 当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE