世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

ダニ以外の他の虫は、布団に入らないか?防ダニ布団の前進は、防虫ふとんだった!
防虫ふとんの開発が、現在の発明の特殊防ダニ布団の前進です。(昭和63年当時)

ダニは、当然のこと、人体に悪影響を及ぼす、チャタテ虫などが入り込めないために、開発した布団で


国内唯一の防虫・防ダニ布団です!
掃除機掛けや丸洗いも不要。

布団に掃除機を掛けて、ダニやそのアレルゲン(ハウスダスト)を減らすことは、
 予防の意味で、大切なことです。
 但し、既にダニアレルギーによる症状があり、それらを改善目的のために、
 布団への掃除機掛けを行っても、症状の改善は、非常に困難です。(ほとんど軽減は望めません。)
 (厚生省研究事業のデータから)


※特に寝室の掃除機掛けは、丁寧に行ってください)


以下のパンフレットは、当社の開発当時(昭和63年)のもので、ほんもの中のほんものであることの証です。
『防ダニ布団』発明者 清水靜


技術革新【innovation】による特定『防ダニ布団』のパイオニア

  厚生省研究データを基に認められた厚生労働省『確認書』は、その証です。



 昭和63年当時の当社のパンフレット 
            ↑ 「ダニ通過試験」大阪府立公衆衛生研究所:吉田政弘先生(主任研究員)
 
ssマーク 山清環境アレルギー研究所 

関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献

 
| 特殊防ダニ布団発明者 | ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
 

1988年7月
発明の名称“防ダニぶとん” (旧名称ダニアレルゲンカット) として開発し、国内の各種アレルギー関連学会にて発表。防ダニ布団発明者:清水静

NHK“これがダニ対策だ”の番組が開発のきっかけに。
データの基、兵庫県西宮市環境衛生局(一年間モニター宅のデータ)
〈報告者〉大阪府立公衆衛生研究所:吉田政弘先生(主任研究員)
大阪医科大学小児科:佐々木聖先生
1989年11月
第26回日本小児アレルギー学会展示出品(大阪にて)
1990年
名古屋市衛生局 名古屋中川、南、港保健所(データ)有効と報告
1992年〜1996年

旧厚生省 H5生活衛生局、環境整備課、H6保健医療局、疾病課)
アレルギー総合研究
において共同研究 (研究協力者:清水静)
1993年
三重大学医学部、名古屋市立大学医学部、国立予防衛生研究所、
岡山大学医学部寄生虫学教室、共同研究

スウェーデンストックフォルムにて2

1994年6月
第15回国際アレルギー臨床免疫学会議に於いて「改善率90.6%(アトピー性皮フ炎)」発表
(スウェーデンストックホルムにて)
発表:京都島津医院アレルギー科院長 島津恒敏医師

スウェーデンストックフォルムにて

1995年11月
名古屋市に於:第16回 全国地域保健婦学術研究会〜20回まで
(16回愛知県、17回鳥取県、18回岡山県、19回山梨県、20回大阪府)

1996年2月
発明の名称:防ダニふとん 特許取得 (旧名称ダニアレルゲンカット)

1996年5月
NHK −ニュースおはよう日本 において2回報道された
アレルギー対策問題報告会
1997年7月〜12月
第1回〜第4回アレルギー対策問題マスコミ報告会
会場:霞ヶ関東京會館
主催:環境アレルギー研究所
(総括班長:宮本昭正先生はじめ、各研究班長、出席の下)

1998年11月

中小企業庁第1回ベンチャーフェアJAPAN表彰制度審査委員会優秀賞
1999年7月
東京都創造法認定944号・他経営革新支援法の認定−243号

1999年11月
「ダニ抗原処理法」特許取得

2002年7月
新開発アレルギークリアふとん発表(発明者:清水静)

2003年2月
アレルギークリアマットレス発表(特願2003−038261)

2004年5月
アレルギークリア商標取得(登録第4676734号)

2005年1月
ダニ抗原変性処理方法スプレー発表(特願2003・128633)

2006年3月
長年のアレルギー対策活動、研究開発が評価され、リンカーン平和勲章を
授賞

2006年5月
厚生労働省、東京都などから医療用、医科向けに採用されています。
2006年8月
アレルギークリアマットレス及びその製造方法特許取得(特許第3844131号)

2006年11月
アレルギーメイクふとん及びその製造方法特許取得(特許第3882990号)
(商標名 アレルギークリア)

2007年3月
経営革新計画承認 東京都18産労商支第817号

2008年
布団カバー 特願2008-141774

2008年7月
東京都中小企業振興公社推奨事業 (販路拡大支援事業)

2009年8月
ダニ抗原編成処理方法特許取得(特許第4356968号)

2010年8月
厚生労働省をはじめ、東京都から、薬事法上の表現・表記について、
広告上の違反性がないことが再度確認された。

2011年4月
厚生労働省より、膨大な資料・データ等と手続きの下、
国内初、
第二回目の薬事法上の表現・表記について
基準を満たした技術製品として確認書」によって認められた。

2012年9月

(公財)東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品となりました。
 

2013年7月

防ダニ布団カバー特許取得(特許第5322048号)


 



 
ssマーク 山清環境アレルギー研究所 

関連記事

山清の取組み〜はじめに
●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献



 
| 特殊防ダニ布団発明者 | ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ | 16:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE