世界初・日本発!特許防ダニ布団・特許防ダニ布団カバー・特許防ダニマットレスの発明で、発症原因のダニ・アレルゲンを無くし、ダニアレルギー症状の改善目的のための発明者の奮闘記!

この奮闘記では、平成2年に、防ダニ布団発明者が代表を務める山清:環境アレルギー研究所が
旧厚生省(現厚生労働省)研究事業より要請を受け、
弊社が開発した防ダニ寝具(検体)を提供した目的・経緯が記載されています。
平成5年、平成8年など当時の古い資料のデータが掲載されていますが、
現在でもアレルギー発症のメカニズムになんら変化はなく、
防ダニ寝具を用いたダニアレルゲンの完全除去が必要不可欠であることから、
当時の研究報告書の記載内容は現在でも十分に有効なデータであると言えます。
これを実証するものが、平成23年に、厚生労働省公認の「厚生労働省確認書」です。


世界で始めて防ダニ布団・防ダニ布団カバーを発明した清水静。
『☆アレルギークリア☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)は殺虫剤を一切使用しない、特許ふとん&マットレスで唯一のほんものです。

厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画

厚生省研究事業の関係者を通じ、「防ダニ布団」発明者は、そのご要請により、厚生省アレルギー総合研究(委託)事業による
成果〔住宅班〕について、第1回〜第4回に及んで、マスコミ見解説明会を行いました。〔於:霞が関東京會舘〕
NHKニュース「おはよう日本」をはじめ、テレビ各局、新聞各紙、などにより、多くの報道が行われたものです。





<厚生省健康医療局疾病対策課疾病係>:厚生労働省健康局疾病対策課

  



厚労省:厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業アレルギー総合研究 総括班長 宮本昭正先生

 


〔平成8年報告書〕

平成4年に発足した厚生省のアレルギー総合研究事業の研究班も、一期3年を終え、引き続き、平成7年から厚生省長期慢性疾患総合研究事業のアレルギー研究班として再出発した。そしてこの2年目を終えることになった。班員の方々の御努力によりそれなりの業績が積み重ねられたと信じている。当所は3年を一期とする予定であったので、もう1年継続するはずであったが、平成9年より”アレルギー、免疫等の研究班”が新たに発足することになり、今までのアレルギー研究班は今年3月をもって解消ということになった。この報告書は2年度のまとめである。

とにかく、アレルギー性疾患の発症率は増加している。のみならず発症例も決して少なくない。このままで推移すればアレルギー疾患は、次の世紀で大きな問題を醸し出す疾患になると危惧されている。したがってアレルギーの制御は各方面からの強い要望もある。本研究事業は今年で一応解消はするが、本研究が大きな契機となって、研究がさらに発展し、食物アレルギー、アレルギーの制御につながることを祈念している。また、この小冊がアレルギーの研究推進の一助となり得ればと念じている。

平成9年3月               
総括班長・宮本昭正 (原文のまま)

防ダニふとんなど種々の防ダニ製品があるが、生きたダニだけでなく死骸の粉末、あるいは糞などが大きな要因になっており、ダニの粉末などもふとんの中から出てこない製品が開発されれば非常に好ましい。平成18年6月21日宮本昭正先生 (原文のまま)


技術革新【innovation】による特定『防ダニ布団』のパイオニア

  厚生省研究データを基に認められた厚生労働省『確認書』は、その証です。
 

「防ダニ布団」発明者は、長い間、薬害に苦しみ、上記の内容を踏まえ、ご要請による防ダニ技術の研究開発を行ったものです。

※ 尚、現在でも、アレルギーは増加の一途であることが、行政における調査やそれに伴う報道が、多々聞かれます。
※ 中には、まだ原因が分からないなど、理不尽な報道なども聞かれます。

※ 住環境における研究事業の成果は、これらを超えるものは無い
(厚生労働省健康局疾病対策課平成22年6月)として、極めて重要です。


正確な情報を伝えることが最も重要。

本当に分かっていないことを伝えることも重要。

しかし、分かっていることを(正しく)伝えないことは、
非道であり、大きな問題と思料すべきであると思います。




【論文】

 

平成4年〜平成8年、厚生科学研究費:24億5,000万円 
(防ダニ寝具発明者は、平成2年より要請にて、必要検体全て提供の上、共同研究で、連携協力いたしました)
アレルギー総合研究報告書及び、研究内容の資料等の結果において、
弊社開発の製品は、系統的、膨大なデータにより、ダニアレルギーによる、
アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎の予防・治療・改善が顕著(90%以上)
であることが評価され、厳しい調査・審査の下、薬事法上の表現・表記及び、
医療用寝具、医科向けとしても、認められております。


並びに、この製品『☆アレルギークリアR☆』寝具(旧名称:ダニアレルゲンカット)は、

殺虫剤を一切使用せず、ダニなどのアレルゲン除去について、優れた発明者の技術と製品に与えるものとして、
平成10年11月27日中小企業第1回ベンチャーフェアJAPAN表彰制度審査委員会優秀賞を受賞しました。
さらに、このような発明者の技術(INNOVATION)等については、
当時の厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究(共同研究)の成果として、
関係者を通じて、
『防ダニ布団』発明者の立場は、医療行為に準ずる内容として評価されたところです。



生きたダニ(生ダニとも言う)とダニの死ガイやそのフン、脱皮ガラ、粉末は、異質のもので、
《ダニアレルギー対策上》極めて重要なポイントとなります。

ステロイド(薬物療法)による、長期過剰の使用による問題点として、白内障、緑内障、網膜はく離、
悪くすれば、失明の恐れがあることも判っています。

ダニアレルゲン(抗原)、ハウスダストを吸入することによる、即時型、遅延型などが考えられます。



信頼の証『確認書』


国の研究事業のデータ(根拠)で裏付けられた『確認書』です。

 

厚生労働省確認書

東京都福祉保健局健康安全室薬事監視課指導係、厚生労働省、公正取引委員会より薬事法・景品表示法上の表現・表記について確認されました。
※ この確認書は、承認番号にかわるものとして、文書と手続きによって、認められております。

中小企業庁優秀賞

『☆アレルギークリアR☆』は、殺虫剤を一切使用しない防ダニ寝具ダニなどのアレルゲン除去について、優れた発明者の技術と製品に与えるものとして、平成10年11月27日中小企業第1回ベンチャーフェアJAPAN表彰制度審査委員会から、生活文化流通部門にて、優秀賞を受賞しました。≪現・独立行政法人中小企業基盤整備機構≫



この賞は、技術製品サービス ( 発 明 者 )に与えられた。

上記、厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究において、
当該発明の技術製品は、ダニアレルギーの臨床試験で、治療上必要不可欠と、
関連アレルギー学会で、報告されております。

_____________________________________________

本研究事業は、多くの研究者や医師などによって、ほぼ尽くされていることが確認されています。

尚、本調査・研究事業による、予防・改善等を目的とした、データ・資料(成果)からみて、
現段階において、これらを超えた対策は見当たらない・・・と確認されています。

(平成22年6月29日) 厚生労働省担当部局により、確認をされております。

_____________________________________________




医療費控除について




医師の診断で、特にダニアレルゲン(ダニやハウスダスト)が、主な原因のアトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎と判明し、治療上、『☆アレルギークリアR☆』寝具が必要と認められた場合、主旨をご理解の上、 「医療費控除の申請」をしてください。


※ 一部の自治体においては認められている事例があります。 ← 厚生労働省担当部局の確認と指導の下、表記しております。



日常業務として、全国ダニアレルギー相談(室)を20年余り行っている弊社に、不公平な医療費控除の扱いに、苦情が常にあり、対応に苦慮しております。

 今後は、公正で、利用者の混乱のない、適切な政治的判断が役割として、なされることを切望致します。

この製品は、本邦で、唯一特許製法と複数のノウハウにより構成され、WHO(世界保健機関)の
基準値(検出限界)以下:寝具中Der1量0.05〜0.1μg/g dustを長期に維持しています。

(パンフレット6ページ参照)
>>パンフレットをご希望の方は、コチラのお問い合わせフォームからお願いいたします


この製品は、唯一、予防・治療・改善のための基準を満たしています。
>>詳しくはこちら 厚生労働省確認書




小児気管支喘息の発症と環境中のヒョウヒダニアレルゲン量

大阪医科大学小児科  佐々木 聖
国立相模原病院臨床研究部  安枝 浩

表.気管支喘息のリスクファクターとして見た場合の各群の寝具中のDer1量(μg/g dust)
10μg/g以上 2−10μg/g 2μg/g以下
気管支喘息群,n=15
喘息様気管支炎群,n=6
未発症群,n=17 15

(表は、厚生労働省担当部局の確認と指導の下、記載しております。)  


『☆アレルギークリア(R)☆』の中綿は、更に長期に使用しても、
WHO(世界保健機関)が提唱する基準値、2μg以下の検出限界以下を下回る値であり、
全く汚染がされないことが確認されています。

この数値によって、ダニアレルギー(アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎など)の
予防・治療・改善の効果が発揮され、認められています。



医療費控除の対象品として、関係省庁に働きかけをいたしております。

【参考:資料提供山清】
防ダニ寝具効果アリ(読売新聞記事抜粋)

 使用に際しては、徹底した寝室の掃除と確実なダニアレルゲン(抗原)の除去・回避で、
改善率90%以上を示し、報告されています。

※ 当社技術製品『☆アレルギークリア☆』(旧名称:アレルゲンカット)の使用と、
徹底した寝室の掃除と確実なダニアレルゲン(抗原)の除去・回避で、
医療費が5分の1に削減出来ることが、日本アレルギー学会等で発表されております。

>>詳しくは、こちら 京都市・島津医院島津院長のデータ

※ 上記は、厚生労働省担当部局のご指導と文書による確認のもと、記載しております。




確実な改善を目指すために
 

厚生省アレルギー総合研究事業において、アレルギー症状の改善を目的とするために、
長期間、以下多数の範囲に及び、調査・研究を行い、その成果を数値で表しました。

これらの確実な対策を基に、ダニアレルギーによる、アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎の
症状改善が顕著であることが、明らかにされ、各種アレルギー関連学会などで、報告され、
NHKをはじめ、多くのマスメディアで、採り上げられて参りました。

多いにご活用いただいて、日常生活のQOL(ハッピーな生活)に役立てていただきたいと願っています



 

アトピー性皮膚炎治療研究会
第2回 シンポジウム
「ダニ・アレルギーとアトピー性皮膚炎」



 

^貳命俺(掛け・敷き)
羽毛布団
M嗅喇枌
ぬ喇
ゥ戰奪肇泪奪肇譽
寝室(床材問わず)
У鏨(床材問わず)
┘ーペット


弊社製品
まとめ



◆解説
下に示す研究報告書の内容は、巻頭の一部ご紹介です。
が、全国消費者(患者)は、氾濫するどの情報が正しいのか分からない(困っている)、というお声が
非常に多いため、掲載しております。更に詳しくは、防ダニ布団発明者まで電話でのみお願い致します。
尚、厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業 アレルギー総合研究の本報告書をはじめ、
他の膨大な資料・データは、防ダニ布団発明者(厚生省住宅班)連携協力者の元にも、
厳格に管理・保管されております。






A-2住宅班(主任研究者)西間三馨


B-1気管支喘息班(班長)高橋昭三

B-2班花粉症班(主任研究員)奥田稔

B-3班アトピー性皮膚炎班(主任研究者)吉田彦太郎

C班疫学研究班 三河春樹

平成8年厚生省長期慢性疾患総合研究事業 アレルギー総合研究研究報告書序

食品班(主任研究者)名倉宏

病因・病態班(主任研究者)西間三馨

アトピー家庭におけるチリダニ抗原除去によるチリダニ感作予防(一時予防)と発症阻止(二次予防)効果 佐々木聖

アトピー家庭におけるチリダニ抗原除去によるチリダニ感作予防(一時予防)と発症阻止(二次予防)効果2 佐々木聖

アトピー家庭におけるチリダニ抗原除去によるチリダニ感作予防(一時予防)と発症阻止(二次予防)効果3 佐々木聖

花粉症班(主任研究者)信太隆夫

気管支喘息班(班長)牧野荘平

アトピー性皮膚班(主任研究者)山本昇壯

疫学研究班(主任研究者)三河春樹






厚生省アレルギー総合研究事業「住宅班」

防ダニ布団発明者は、「住宅班」として、同研究事業に連携協力の上、研究事業に必要とされた
技術開発の製品『☆アレルギークリアR☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)布団検体全てを提供。
のちに、各研究班の全体に及ぶ、成果(データ)第1回〜第4回のマスコミ報告会を行った。

アレルギーと住環境 厚生省アレルギー総合研究事業「住宅班」1995年3月

―アレルギーにならないためとアレルギー症状を軽くするための住まい方マニュアル―

厚生省アレルギー総合研究事業「住宅班」執筆者一覧



巻頭言:金井雅利


2.日本におけるアレルギー疾患の現状と取り組み:西間三馨


2.日本におけるアレルギー疾患の現状と取り組み:西間三馨2


4.家のダニとアレルギー:奥平博一


4.家のダニとアレルギー2:奥平博一


5.住居内ダニ類の発生消長:高岡正敏


5.住居内ダニ類の発生消長2:高岡正敏



一般向けパンフレット「アレルギーとダニ退治」:佐々木聖監修



9.ダニ除去によるアレルギー症状の減少とアレルギー発症予防効果:佐々木聖



チリダニ駆除による小児気管支喘息発作減少と発作予防効果:佐々木聖

アレルギー総合研究における以上の結果、特に、住環境対策の上、ダニ対策が不可欠で、防ダニ布団がクローズアップされ、
ご要請により、当社防ダニ布団を検体として必要範囲提供、そして、連携協力の上、二重盲検法による公正なデータの結果、
当社が開発を行った技術製品『☆アレルギークリアR☆』(旧名称:ダニアレルゲンカット)でのみデータが構成されております。
当該技術製品のみデータは発症防止及び、改善に有効と評価され、報告書などによって確認されております。
類似品にご注意ください!!


__________________________________________





ssマーク 山清環境アレルギー研究所 



関連記事


山清の取組み〜はじめに

●旧厚生省アレルギー研究事業が行われた背景とその重要性●
厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画
ダニとアレルギーの深〜い関係
ダニ・アレルゲン除去寝具・新名称防ダニ布団の『☆アレルギークリア☆』開発のあゆみ
●当社【発明製品】に関わった医学界・行政機関・民間●
謹告・意見広告 薬事法上の表現・表記について
特に重要な発症防止と改善に必要不可欠な基準値

医療従事者の方々へ
正確な情報が必要不可欠●正しく判断することが重要
各種アレルギー関連学会発表等・展示 経歴
文 献

 

| 特殊防ダニ布団発明者 | 厚生労働省:厚生省長期慢性疾患総合研究事業に参画 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    清水静 (02/22)
  • “NHK”未だに偏った取材・報道などで、情報が混乱!?アレルギーマーチの重要性
    K.H (02/18)
  • テストでも効果の認められてない防ダニ布団について
    nobunobu (07/02)
  • 発明者からのお知らせ
    nobunobu (06/26)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキング お気に召したらクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE